2008年04月12日

庭のチューリップ

我家の狭い庭にチューリップが一本咲きました。咲いていたことに今朝気がつきました。

通常ショットで撮影しました。

チューリップ0.0.jpg

少し絞りを暗くして(EV-0.3)

チューリップ -0.3.jpg

さらに絞って(EV-0.7)

チューリップ -0.7.jpg

真上から。アップで見ると違った美しさを感じます。

アップ2.jpg

花の名前は不明ですが、チューリップとは違った可憐さがあります。通常撮影です。

何の花.jpg

で、少し絞りを暗くして(EV-0.7)

何の花2.jpg

デジカメにはまって約半年ですが、サッパリ腕が上がりません。数は結構こなしてきましたが、ほとんどフルオートで、後からこの機能を使えばよかったと後悔するばかりです。

たまにこういう実験をしながら機能を理解していくことも修行ですね。しかし、自分の庭に咲いている花の名前くらい知っておきたいものです。


posted by デジカメ爺さん at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年04月09日

市内の桜満開

暖かくなりました。今日は所要で市内へ行きましたが、途中お城跡の公園や病院の桜が咲き誇っていました。風で花びらが散り始めていますので、今週一杯が見ごろかもしれません。

病院前.jpg

市民病院の駐車場の桜。

緑地前.jpg

お城跡公園駐車場前の桜。

城堀端 (1).jpg

城堀端.jpg

城堀端 (3).jpg

城堀端 (5).jpg

お城跡の石垣沿いに植えられた桜です。

野草城前 (1).jpg

桜だけが春に徴ではないよ、と道端に野草が花開いていました。
タグ:野草 満開
posted by デジカメ爺さん at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年04月08日

車中で撮影テスト

あいにくの雨でチョッと寒かったのですが、所要で大阪へ行きました。途中網干駅で新快速に乗り換えました。姫路でも乗り換えできますが、座れない可能性もありますので早めの乗り換えです。

駅で待ち時間の間、写真撮影。この駅はJRの待避駅なので新快速は始発で座ることができました。

網干駅.jpg

途中退屈なので車窓越しに景色を撮影、シーン撮影機能(モード機能)で「スポーツを写す」を使い、オートで撮影しましたが、山の桜を撮ろうとシャッターを押しても通り過ぎて狙った景色を写せません。思いついて連写にセットしてやっと撮影できました。

雨が降ってるの少し霞んでいたのですが、窓越しに撮るとかなりぼやけています。

車中より (2).jpg

カメラの設定でもたついている間に、桜が少なくなりあわてて撮ったのがこれ。

車中より (4).jpg

その後も数枚撮影しましたが、やはりぼやけた写真になっていました。

ぼけた写真をソフトを使って画像処理してみました。自動色彩補正で、白っぽかった画面がはっきりしましたが、実際より赤が強めになったようです。

車中より(2)改.jpg

これも同じです。使ったソフトはIrFanViewです。爺のような初心者には使い勝手の良いソフトだと思います。

車中より (4)改.jpg

使ったカメラはこれではありませんが、ほぼ仕様は同じようです。




posted by デジカメ爺さん at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年04月05日

桜見物 坂越宝珠山

当市にある宝珠山の桜を見に行きました。宝珠山は瀬戸内海に面し、正面には原生林で有名な生島が望めます。坂道を車で上がると広場がありました。

坂越桜.jpg

ここには以前小学校があったそうで、いまは展望広場になっています。桜が満開とはいえませんが咲きそろっていました。

生島.jpg

広場から生島を望む。生島は坂越の氏神である大避神社の沖に浮かぶ周囲1630mの小島で、古来より神域として人の立入が禁じられてきたため、原始の森が保たれていることで有名です。

赤い桜.jpg

ピンクの桜と一緒に赤い珍しい桜が咲いていました。はじめてみた桜で名前はわかりません。他の見物客も珍しがっていました。

アップ.jpg

こんな花です。

山ツツジ.jpg

さらに上に上って行くと山ツツジが満開でした。桜もいいけど山ツツジも可憐で可愛い花です。

妙見寺観音堂.jpg

そして、宝珠山妙見寺の観音堂が見えました。

児嶋高徳墓.jpg

近くに児嶋高徳の墓もありました。古い港町だと聞いていましたが、探せばまだ古跡がありそうですね。

こんなに景色がよく、桜も綺麗なのにもっと素敵な写真が取れたらいいなと思います。私のコンデジではこれが限度のようです。いま一眼レフを買うことを考えていますが、やはり高い。2、3見ているのですが、今これなんかどうなんかなと検討中です。




posted by デジカメ爺さん at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年03月11日

京阪で枚方へ

所要で枚方へ行きました。市内ではなく村野というところです。。

環状線で京橋に出て、京阪に乗り換えです。時間があったので昼食後京橋駅周辺をうろつこうと思ったのですが、あいにく小雨が残っていたので近場だけ。

京阪京橋.jpg

京浜京橋です。丁度お昼でしたが田舎に住んでいると人の多さに驚いてしまいます。

京橋駅路地.jpg

こんな狭い横丁がありました。軒並み一杯飲み屋さんや焼き鳥屋さんが並んでいました。

京橋駅周辺 1.jpg

京橋の市街地は当然ビルが立ち並んでいます。

梅の木.jpg

村野について目的地まで歩きです。少し雨が残っていましたが途中で止みました。ぶらぶら歩いていると畑があり梅が咲いていました。

古屋敷.jpg

畑の向こう側に古びてますが立派な屋敷が見えました。塀も一部痛んでいるようですが、土蔵などが見えますので昔の大百姓か庄屋の屋敷かなんて思ってしまいました。

梅屋敷.jpg

屋敷内の塀のそばにも梅とおぼしき花が咲いていました。
タグ: 枚方 京阪
posted by デジカメ爺さん at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年03月03日

春近し 水仙

家内が水仙をもらってきて、テーブルに生けていました。強くはありませんがほのかに良い香りが漂っています。一進一退しながらも春はもう少しだと感じます。

撮影することにしましたが、一枚だけ撮っても面白くない。そこで、勉強がてら露出を変えて撮影してみました。照明のない室内を曇りとして、EV値を+1.0、+0.7、+0.3、0、-0.3、-0.7、-1.0と変えることで、明るさがどう変わるか試してみました。

まず標準である露出補正0の場合。

0.0.jpg

露出補正+0.3

+0.3.jpg

露出補正+0.7

+0.7.jpg

露出補正+1.0

+1.0.jpg

露出補正-0.3

-0.3.jpg

露出補正-0.7

-0.7.jpg

曇りを設定しましたが、窓際で窓からの光が入ってますので露出は必要なかったようです。このような場合補正しても+0.3までで十分のようです。

逆に露出を下げる必要はなかったようですが、-0.3程度であれば明るく補正した場合より静かな雰囲気となってこれはこれでいいかも、と思います。-0.7は少し暗すぎのように思います。-1.0はカットしました。

いい写真を撮ろうと思えばもっと自分のカメラ性能を知る必要があるようです。
posted by デジカメ爺さん at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年02月27日

周辺散策

昨日は小降りの雨で終日曇っていましたが、今日は一転快晴です。最近は寒いので車で行くのですが、タバコを切らしたので散歩がてらに近所のコンビにまで歩いていきました。

ちょっと風が冷たいのですが、昨日より暖かく感じました。昨夜の天気予想ではもっと寒くなるとの予想でしたが、この地域では外れのようです。

mikan.jpg

お隣のミカン。実そのものはもう熟れているようで、時々自然に落果します。我家の敷地内に落ちている場合いただけるので数度味見していますが、少し酸っぱいのですが結構いけます。隣の奥さんとは3月にはいれば摘果する約束になっているそうです。

mikan2.jpg

コンビに行く途中に工場があります。古くからある工場で大手鉄鋼メーカーの子会社で、耐熱炉材を作っている工場です。一時期の鉄鋼不況で落ち込んでいた業況も、最近の鉄鋼好況と新規分野開発とで経営は好調という噂です。

hei.jpg

噂を裏付けるように、最近工場外壁が取り壊されスチール塀に変わり、ました。この工場の外壁は昔からブロック塀で、塀が長年外気にさらされ黒ずんでいましたが、見違えるほど明るい外観に変わりました。

hei2.jpg

もともと緑化の意味もあったのでしょうが、外壁沿いに植栽されていて手入れが行き届いていましたが、外壁が変わると樹木まで生まれ変わったように美しく見えます。

matu.jpg

ひときわ目立っている、見事に手入れされた松です。他の木も全てこのように手入れされています。

私の住んでいる地区は昔から工場が点在していましたが、ここ10年で比較的大きな鉄工場が3社倒産し、今は住宅の分譲地に変わっています。一社でも元気な会社が残っているのはうれしいものです。

タグ:散歩 工場
posted by デジカメ爺さん at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年02月25日

雛飾り

久しぶりに孫に会ってきました。都合がつかなくて約1月半ぶりです。
ひな祭りが近づいていますので、雛壇を出して雛飾りをしました。孫が生まれてから3回目の雛祭りです。

雛壇.jpg

昨年まではまだ雛人形をかざっていても、意味もわからずただ珍しいと触るため手が届かないよう高いところに飾りましたが、今年はそんな心配もないようなのでサイドテーブルに雛壇を飾りました。

凛とひな壇.jpg

今年は孫も一緒に飾り付けを手伝ってました。出来上がってから見つめていました。

3つ.jpg

飾り付けた雛壇の前で記念写真です。ピースではなく三歳を示すつもりで指を一生懸命折ってましたがピースにしかなりません

お雛様.jpg

昨年記念に婿方のお祖母ちゃんにいただいた写真立てにの雛祭りのオルーゴールを聞きながら今年三歳になることをアピールしています。何とか3本指を出すことが出来ました。

元気.jpg

つい1ヶ月前にはまだペダルに足をかけて三輪車絵をこげませんでしたが、もうペダルで三輪車に乗るだけでなく、片足をサドルにかけもう一方の足でけりながら自転車を操縦するようになっていました。

子供の成長は本当に早いものです。
posted by デジカメ爺さん at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年02月22日

招き猫

2月22日は猫の日だそうです。2月22日でニャン、ニャン、ニャンにつ汁からのようで、ペットフード工業会などが提唱しているそうです。我家も猫を飼っていますので、何かお祝いをしてやらないといけないのかなと思い家内に告げたところ、「我家は毎日猫の日よ」と、一蹴されてしまいました。

猫ひな人形展示やハンコ作り 福岡で「猫の日」イベント

で、チョッと招き猫のことが気になったのでウィキペディア(Wikipedia)で調べてみました。そうすると招き猫も手の上げ方で2種類あることを初めて知りました。

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招くとされる。両脚を挙げたものもあるが、“欲張り過ぎると「お手上げ万歳」になるのが落ち”と嫌う人が多い。一般には写真の様に三毛猫であるが、近年では、地の色が伝統的な白や赤、黒色の他に、ピンクや青、金色の物もあり、色によっても『学業向上』や『交通安全』(青)、『恋愛』(ピンク)など、意味が違う。黒い猫は、昔の日本では『夜でも目が見える』等の理由から、『福猫』として魔除けや幸運の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ。また、赤色は疱瘡や麻疹が嫌う色、といわれてきたため、赤い招き猫は病除けの意味を持つ。


右足上げの招き猫
右足上げの招き猫(Wikipedia)

左足上げの招き猫
左足上げの招き猫(Wikipedia)   

金運招きと人招きの猫、我家の猫は何も招いてくれませんが、我ら夫婦を癒してくれます。

posted by デジカメ爺さん at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年02月11日

夕焼け 海

昨夜、近所に住む息子夫婦からたこ焼きパーティに招待されました。嫁は生粋の大阪人でお好み焼きやたこ焼きが得意です。前回はお好み焼きでしたので、今回はたこ焼きを賞味することになりました。

ホットプレートに付属したたこ焼き用のプレートで一回に20個余りが焼きあがります。さすがに息子夫婦は慣れた手つきで手際よく焼きあげていきます。爺と家内はビール片手に焼き上がりを待つだけです。

息子の住むアパートは8階建てで、最上階の8階に部屋があります。ベランダから港や湾に突き出た対岸が一望できます。昨日は最近では珍しく晴天で夕日がとてもきれいでした。

夕日.jpg

対岸の山あいに沈んでいく夕日です。デジカメの夕日撮影モードで撮影しました。

夕焼け.jpg

沈みかけの夕日が空を染めています。少し暗くなってしまいました。

海.jpg

夕焼けをバックに湾内から出る船。

結局この日、たこ焼きを5〜6回繰り返し焼いたようです。一人当たり20〜30個のたこ焼きを食べ、さすがにお腹が一杯になりました。爺もビールと焼酎でほろ酔いになり帰宅しました。
posted by デジカメ爺さん at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年02月09日

朝から雪が・・・

今日は朝から雪です。今年で2回目ですが、今日の雪は積もりませんでした。しかし、本当に寒い。

思い立って雪の降る様子を撮影することにしました。ボタン雪のようなのでひょっとすると画面に写し取れるかと少しは期待したのですが、あまりはっきり写っていません。

雪.jpg

なんだか、レンズ汚れが写ってるようです。

隣.jpg

少し絞りを暗くしてみました。やっぱりよくわかりませんね。

庭.jpg

庭を撮ったのですが、駄目でした。

みかん.jpg

あきらめて隣家のミカンを撮って撮影会はお終いです。もっと腕を磨いて次の機会を待ちましょう。
posted by デジカメ爺さん at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月29日

雪の朝

朝起きると雪が積もっていました。正確には積もった雪が解け始めていたのですが。昨夜遅くに降ったようです。昨夜は底冷えのするような寒さだと家内と話していたのですが、まさか雪になるとは思いませんでした。早速家の中から写真撮影。

ベランダ越し.jpg

2階のベランダ越しに庭を撮影。ベランダの柵の雪の厚みから見て相当降ったようです。庭木はとけ残った雪が少しかぶっていました。

向かいの雪.jpg

斜め向かいのお宅の屋根にはまだ相当積もっていますが、解け始めてしずくが滴っています。

町内の雪.jpg

2階から見える反対方向の町内です。野天に駐車中の車は屋根からフロントガラスまで雪が積もっています。

爺の住んでいる市は瀬戸内海に面し冬でも近隣築に比べて比較的温暖で、冬でも雪が少なく年に数回しか雪が積もりませんが、今年初めての積雪です。やはり雪を見ると冬と言うことを実感します。
タグ:積雪
posted by デジカメ爺さん at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月22日

ガソリン税率維持

福田首相の施政方針演説に対する各党代表質問が21日、衆院本会議で始まりました。

ガソリン税率維持で譲らないようです。腹立ちますね!

福田首相、ガソリン税率維持を強調 衆院代表質問

首相は税率維持の理由について「橋の維持や補修、緊急病院への交通の利便性確保、都市部の渋滞緩和など、必要な対策は進めていかなくてはならない」と説明。「地球温暖化対策で欧州主要国がガソリン税を引き上げている状況で、これに逆行することは国際的な理解が得られない」とも述べ、税率維持が環境対策にもつながるとの考えを強調した。

asahi.com 2008年01月21日


福田首相は税率維持の理由を述べていますが、首相は国民の生活でがどれほど困っているかわかっていないのではないかと思います。ガソリンを節約するため車を出来るだけ使わない、寒くても出来るだけ灯油ストーブは使わない。とにかく我慢というのが爺の生活です。

福田首相は「緊急病院への交通の利便性確保」を述べていますが、必要なのは「交通の利便性確保」の前に緊急医療体制を改善し、頻繁に起こり問題となっている緊急病院での受け入れ拒否、患者のたらいまわしをなくす事ではないでしょうか。「地球温暖化対策」を唱えるのであれば、山林を破壊するような道路整備を最小限にとどめる努力をするべきでしょう。

優先すべき事項が政治家の皆さんと爺たち国民とでずいぶんずれていませんか?最近の国会を見ていてそう思います。

写真を撮影するのに車は必需品です。ガソリンが安くなってほしい、これは切実です。
posted by デジカメ爺さん at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日々の徒然

2008年01月18日

正月、孫が来た

ガソリン税の暫定税率撤廃で自民と民主が論争中です。爺の家計からいけば当然撤廃して25円でも下がってもらいたいと願っています。孫の顔を見たくてもガソリン代がこれほど高くなっては、いつでも行こうということにはなりませんね。

今年の正月も娘夫婦が孫を連れて年賀に来てくれました。当然孫の様子を撮影しました。孫馬鹿とお叱りを受ける覚悟で一部掲載させていただきます。

ただ、こんなご時勢です、顔にはモザイクをかけさせていただきます。

正月2.jpg
イヤーマフで寒さ対策

正月1.jpg
早速ミカンに手が

正月3.jpg
お年玉

正月4.jpg
機関車トーマス、電池が切れちゃった

しかし、早く暖かくならないと写真ネタが切れてしまう!
タグ:正月
posted by デジカメ爺さん at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月16日

讃岐うどん

寒さが厳しさを増してきたのか飼い猫あさは朝からずっとコタツにもぐりこんでいます。顔を見せるのはコタツを掃除している時と食事の時だけです。

ブログに掲載しょうと写真を撮る機会を狙っていますが最近は撮れません。時々姿を表しますが、運悪くカメラが手元に無いなどタイミングの悪いこと。もともとカメラを向けるとすぐ動きますので、なかなかいい写真が撮れません。
昼になって家内が久しぶりに釜揚げうどんが食べたいと言い出したので、爺もその気になり隣の市にあるうまい讃岐うどんを食べさせてくれる店に出かけました。

時間もお昼とあって大勢のお客さんが並んでいました。この店はセルフでメニューをみて注文すると目の前で調理したうどんが渡されます。トッピングの天ぷらや掻き揚げが並んでいて客が好みでさらに取り、最後に代金を支払います。

店員さんは四角く区切られたカウンター内にいて、うどんを打ち、汁を作っていて客の注文を受けるというシステムです。爺はぶっかけ、家内は釜揚げで野菜の掻き揚げと稲荷ずしで堪能しました。

さぬきうどん店内.jpg

コシのあるうどんを食べ満足したところで、向かいにある道の駅を覗くことにしました。この道の駅は「海の駅」と表示しています。中には温泉があり湯に入るために来る客も多いようです。

道の駅外.jpg

建物の前はテントが張られ市場になっています。近隣で取れた農産物や海産物が色々並んでいました。雨が降りそうな天気でしたが、大勢の客で賑わっていました。この時期殻付の牡蠣があると思っていましたが、あいにく売り切れていましたので、野菜や湯葉などを買い込んで帰宅しました。

080113相生道の駅.jpg

帰宅すると、あさが顔を出しました。ソファやコタツの周りをひとしきり走り回り最後はソファーの肘掛でお休み。見えないと淋しいし、出てくるとうるさい猫です。

080113asa2.jpg
posted by デジカメ爺さん at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月12日

ミカンの定点撮影その2

隣家のミカンの定点撮影の続きです。ずいぶん黄色づきましたが、まだ収穫していません。家内によると例年3月に収穫しているそうです。正直ここまで来ると区別はつきません。

12月7日
071207.jpg

12月13日
071213-2.jpg

12月19日
071219.jpg

年末に思い出して撮影しました。12月31日です。
071219.jpg

これ、いつまで続けようか悩んでいます。
posted by デジカメ爺さん at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月11日

須磨離宮公園その2

エントリーが遅くなりましたが、離宮公園の続きです。

噴水公園から植物園のほうに行くと海を臨む休憩所がありました。正面に播磨灘が光っていました。少し霞んでいますが神戸方向を向くと建物が立て込んでいます。田舎に住んでいるとこんなに沢山のビルを見るのは久しぶりです。

神戸を臨む.jpg

休憩所から坂を下り国道越えの橋を渡ると小さな人口滝がありました。須磨離宮には大小滝を模した流れが多いようです。この滝はみどり滝と名づけられていました。

みどり滝.jpg

そばに山茶花が赤い花をつけていました。私はてっきり椿だと思っていましたが、家内に山茶花であることを教えられました。そして桜が咲いていたので驚いていたら寒桜だそうです。可憐な可愛い花がついていました。周囲にしだれ桜の木や桜の木もありますので春は桜がきれいなんでしょうね。

山茶花.jpg

寒桜.jpg

植物園の温室まで行くと喫茶がありましたので食事がてら一休み。孫もうどんやおにぎりを食べ満足したようです。喫茶の前には児童公園があり、ブランコや輪投げがあり暫く孫も喜んで遊んでいました。公園の隅にまた滝がありました。本当に滝が多いですね。

滝.jpg

ほぼ3時間ほどでしたが、園内は広くもっとみて回りたかったのですが、孫と一緒では無理は出来ません。次は春に来たいものだと思います。
posted by デジカメ爺さん at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月08日

須磨離宮公園

先日神戸市須磨離宮公園へ孫を連れて行きました。暖かく風もほとんどなく、絶好の行楽日和で、当日は入園料は無料ということもありリュックを背負いピクニック姿のご老人(爺が言ってはいけないか)の団体客も多数入園していました。

ウイキペディアの離宮公園記事

本園(面積58ヘクタール)は旧武庫離宮で、今上天皇(当時皇太子)御成婚記念として、1967年に須磨離宮公園として神戸市に下賜された。植物園(面積24ヘクタール)は、戦前の神戸を支えた岡崎財閥の旧岡崎邸の跡地で、1973年に神戸市が用地買収した。旧岡崎邸洋館は阪神大震災により倒壊した。

公園内には、英国風ボーダーガーデンの「花の庭園」、熱帯・亜熱帯物を植栽している「観賞温室」など、多数の植物園がある。

公園周囲、離宮道付近はジェームス山とともに、神戸市西部を代表する高級住宅街で豪壮な邸宅建築が並んでいる。


正門駐車場に車を置き歩いていると園内案内図がありました。爺は初めてでしたので、想像以上の広さに驚きました。

案内.jpg

暫く歩くとレストハウスがありました。レストハウス横から本園を見下ろすことが出来ます。中央に噴水が並び両横がバラ園となっています。正面遠くに播磨灘が臨めます。丁度昼時でレストハウスから噴水に降りていく階段には沢山の人が座りお弁当を開いていました。弁当を持ってくればよかった。

噴水.jpg

噴水脇のバラ園には残念ながらバラは咲いていませんでした。唯一咲いていたバラです。名前はわかりません。ちゃんと記録しておけばよかった。

バラ園.jpg

バラ園から見たレストハウスです。少し減っていますが階段付近に沢山の人が座っています。こんなところで弁当を食べるのは気持ちが良いでしょうね。

レストハウス.jpg

植物園へ移動途中に在原行平月見の松跡がありました。今から1100年ほど前にこの地で行平が月見をしたといわれている場所です。そのためここは月見の名所となり、行平月見の松があったそうですが今は新しく松が植えなおされていました。

月見の松.jpg

これが新しい松。まだ若そうですね。

松.jpg
posted by デジカメ爺さん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月07日

閑谷学校(その2) 華甲斎

閑谷学校に向かって左手の斜面の上に藁葺きのこじんまりした一軒家がひっそりと建っています。これは何なんだろうと思っていましたら、ある方が教えてくださいました。

閑谷学校門.jpg

この建物は明治36年11月、当時の私立閑谷中学校長 西毅一(号・薇山)の還暦祝いにと教え子の有志がカンパして贈った住居兼書斎で、華甲斎と名付けられたました。土間と3畳 6畳二間 外側に便所が有る小さな家です。華甲とは数え年61歳のことだそうです。

華甲斎2.jpg

近年荒れるに任せていたが、閑谷学校創設300年記念事業として備前市および旧和気郡各町の援助により修復されたそうです。

華甲斎1.jpg

この方は教え子から建物を贈られたくらいですから慕われていたと思うのですが、翌年自殺されたそうです。理由は不明だそうです。

華甲斎
華甲斎は明治36年西微山先生の還暦にあたり新旧門人があいはかり、書斎をつくり先生にさし上げたものである。西微山先生は元岡山藩士で維新後には衆議院議員として活躍されると共に、明治10年山田方谷先生が他界後閉鎖された閑谷学校を再興した方で、現在の閑谷学校のもとをつくった。(華甲斎 本名 西毅一)
posted by デジカメ爺さん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月05日

閑谷学校 紅葉亭

正月を迎えて比較的穏やかな日が続いていますが、冬になると出かけるのが億劫で写真のネタがなくなります。もともと、デジカメ写真に目覚めたのが最近のことでブログに掲載できるような写真もあまり多くありません。

苦し紛れですが、今回は岡山県備前市にある国宝閑谷学校の秋の写真を紹介します。ただし、学校ではなく周囲にあるあまり知られていないと思われます施設を紹介します。

まず、特別史跡「紅葉亭」です。

『黄葉亭』は文化十年(1813)に来客の接待や教職員・生徒の憩いの茶室として建てられたもので、頼山陽や管茶山などの儒者や文人を迎える事もあったそうです。

撮ったのは10月初旬でモミジが紅葉していました。道沿いにある栗や柿の木も実をつけていて、小さな川沿いに歩いていくとキャンプ場の入り口に建っていました。

正面から見た紅葉亭
紅葉亭正面.jpg

斜めから見た紅葉亭
紅葉亭.jpg

紅葉亭の解説の立て札です。
紅葉亭解説.jpg

途中には学校運営に力を尽くした津田永忠宅跡の特別史跡があります。正面奥に碑が建てられています。

津田永忠宅跡.jpg

posted by デジカメ爺さん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。