2008年01月05日

閑谷学校 紅葉亭

正月を迎えて比較的穏やかな日が続いていますが、冬になると出かけるのが億劫で写真のネタがなくなります。もともと、デジカメ写真に目覚めたのが最近のことでブログに掲載できるような写真もあまり多くありません。

苦し紛れですが、今回は岡山県備前市にある国宝閑谷学校の秋の写真を紹介します。ただし、学校ではなく周囲にあるあまり知られていないと思われます施設を紹介します。

まず、特別史跡「紅葉亭」です。

『黄葉亭』は文化十年(1813)に来客の接待や教職員・生徒の憩いの茶室として建てられたもので、頼山陽や管茶山などの儒者や文人を迎える事もあったそうです。

撮ったのは10月初旬でモミジが紅葉していました。道沿いにある栗や柿の木も実をつけていて、小さな川沿いに歩いていくとキャンプ場の入り口に建っていました。

正面から見た紅葉亭
紅葉亭正面.jpg

斜めから見た紅葉亭
紅葉亭.jpg

紅葉亭の解説の立て札です。
紅葉亭解説.jpg

途中には学校運営に力を尽くした津田永忠宅跡の特別史跡があります。正面奥に碑が建てられています。

津田永忠宅跡.jpg



posted by デジカメ爺さん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。