2008年03月28日

桑田の引退

昨年引退を発表しながら、足の治療により現役続行を目指していた桑田投手が再度の引退を表明しました。

桑田の野球にかける執念というか、強い思いには頭が下がりますし、敬意を感じます。本人も語っていましたが、174cmという野球選手としては小柄な身体で巨人のエースとなり、さらに米大リーグへの挑戦を続けたことは、彼の精神力の強さと能力の高さを示すもので、野茂と並んで賞賛すべきです。

APX200803270001.jpg

彼の現役中には八百長疑惑や暴力団との付き合いなど、必ずしもクリーンな印象だけではないのですが、野球選手としての実力は認めなければならないと思います。

桑田投手、現役引退へ メジャー昇格かなわず

 大リーグ、パイレーツのキャンプに参加していた桑田真澄投手(39)が現役を引退する意思を固めたことが、26日分かった。桑田投手は今季、マイナー契約の招待選手としてメジャー昇格を目指していたが、中継ぎ投手として枠に入れなくなったことなどから、現役生活にピリオドを打つことを決意したとみられる。

 桑田投手は大阪・PL学園高校時代に清原和博内野手(40)=オリックス=との「KKコンビ」で注目を集め、夏春の甲子園5回の機会すべてに出場し、優勝と準優勝2度ずつに貢献、戦後最多の20勝(3敗)をマークした。21年間の巨人では通算173勝141敗14セーブ。昨季はパイレーツで0勝1敗に終わった。一度、戦力外となったが、開幕前に痛めた右足首を手術し、再びメジャーを目指していた。

 16日にはオープン戦で勝ち投手となったが、ここ数日は若手投手の登板が優先されていた。
 
2008年03月27日 asahi.com


彼は今後、日本で指導者としての道を歩むでしょうが、主力選手が大リーガーに流出している日本野球界に実力を備えた若手の育成に助力して欲しいものです。

最近、いいなと思ったデジカメです。


クリックで大きくなります。
posted by デジカメ爺さん at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のことなど

2008年03月25日

茨城8人殺傷事件

まさに「むかつく」話です。

警官、無線・銃持たず 県警「犯人に気づかれないため」

茨城県警のこの事件の居直りと責任逃れの強弁にはあきれました。8人が適当かどうかは別にして、県警は犯人が現れないという前提で警戒配備していたとしか思われません。

茨城県土浦市のJR荒川沖駅の連続殺傷事件で、別の殺人事件で指名手配していた金川真大容疑者(24)の逮捕に向け同駅周辺に配備されていた8警察官は、無線や拳銃を所持していなかったことが分かった。うち1人が襲われた後も、周囲のほとんどの警察官は気づかず、駅利用者らからの110番通報を通じた県警本部からの電話連絡で知ったという。

2008年03月25日 asahi.com


犯人が変装して現れる、犯人は凶器を持っている、とは想像できなかったのでしょうか?。これほどの危機感の欠如がどこから生まれるのか。「犯人に気づかれないため」無線や、拳銃を所持せずにいて、「犯人に気づかなかった」

警察が一般市民の安全と生命を守る組織であるということは、もはや神話に過ぎないのかもしれません。このような事態に採るべき護身術や逮捕術の訓練を受けていた警官が犯人に刺され、引きこもりだといわれる犯人を追いかけて、振り切られて見失う。最初から緊張感をもって警戒にあたっていたとは到底思えない失態です。。

綿引昭捜査1課長は「被疑者の確保が目的で、無線機を持っていたりすると犯人に気づかれる」と述べ、捜査態勢などに不備がなかったと強調した。


こんな屁理屈は警察内部では通用するでしょうが、一般社会では到底通りませんね。
posted by デジカメ爺さん at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のことなど

2008年03月23日

浅田真央は凄い!

爺さん、年甲斐も無く感動しました。

2008念世界フィギュアでのフリー演技直後ジャンプに入ろうとした直前の転倒。アナウンサーも驚いていましたが、TVで見ていた爺も「アッと」声を出してしまいました。

前日のSPも見ましたが、今シーズン度々あったジャンプの失敗もなく、安定していたので、真央ちゃんが得意とするフリーで必ず逆転すると信じていました。ところでSPでは僅差で2位でしたが、爺は納得できませんでした。贔屓目で見ても真央ちゃんのほうが出来が良かったと判定には不満でしたが、優勝は間違いないと慰めていました。

しかし、出だしの転倒は予想外(誰もがそうだったでしょうが)で、一瞬優勝は無理かと思いました。しかし、それからが凄かった。転倒など無かったかのようにジャンプは次々決まるし、華麗なスケーティングを見せてくれました。
トリプルアクセルの得点なし、さらにマイナス2点の減点もものともせず、高得点でトップに立ち、堂々の優勝です。彼女にの天性の才能も凄いが、17歳の少女の強い精神力には脱帽です。初っ端の失敗にもめげず、最後まで滑りぬいて精神力、ミスを許されない状況で自己の力を発揮出来る能力は「凄い」の一言です。

もう一つ不満は中野ゆかりさんの演技に対する評価です。今回の中野さんの演技は過去見た中でも最高の出来でした。それなのに評価が低かったのは納得できませんでした。2位になったカロリナ・コストナーより安定した演技だったと爺には見えました。中野さんは不満も見せず清々しさを感じさせたのが救いでした。

真央ちゃんの素敵な演技を繰り返し見られるなんて、YOU TUBEとは便利ですね。



posted by デジカメ爺さん at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のことなど

2008年03月19日

小旅行 鞆の浦(2)

保命酒を飲んでから、鞆の浦歴史民族資料館へ行きました。ここは鞆城跡だそうです。小高い丘陵になっていて、上る途中には石垣が残っていました。民族資料館は入館料大人400円也。館内はやはり江戸時代から昭和に至る新旧、大小とりどりの雛が展示されていました。それ以外には、古来から伝わった漁具や、祭の御輿などが展示されていました。当然撮影禁止です。

民族資料館からの眺め.jpg

民族資料館からの眺め (1).jpg

民族資料館から見下ろした鞆の漁港の風景です。

民族資料館からの眺め (3).jpg

日本の漁港でよく見られる光景ですが、海と山にはさまれた狭い土地に人が住んできたことが良くわかります。尾道の光景を思い出しました。

民族資料館からの眺め (2).jpg

反対方向には高台にお寺らしい建物を取り囲むように住宅が建て込んでいます。

町並み町家.jpg

資料館から町家に降りてくると、昔懐かしい建屋が並んでいました。窓ガラスの前面に格子戸がはめられています。

町並み町家店舗.jpg

古くからお店です。こんなお店も最近では見ることが少なくなりました。

町並み町家看板.jpg

古いオロナイン軟膏の看板がかかっています。浪花千恵子(字はうろ覚えです)さんを憶えている人も少ないでしょうね。
posted by デジカメ爺さん at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名勝観光

2008年03月17日

小旅行 鞆の浦

春の青春18トクトク切符を利用して福山市鞆の浦へ小旅行に行きました。このお得切符を使えば、一日以内であればどこまで行っても一人2200円です。

福山城.jpg

帰りに寄るつもりの駅から見た福山城。結局行けませんでした。

岡山から快速で福山まで約2時間で福山駅に到着、福山駅前からバスで約30分で鞆の浦です。他にも、私達と同じくトクトク切符の使用者と思われる、中年おばちゃんグループがバスに乗り込んでいました。目的地に着くまでおしゃべりが途切れませんでした。

干し魚.jpg

鞆の浦の防波堤では、魚を売っていました。朝漁でとれた新鮮な魚です。今はサヨリが旬だそうで、サヨリを開いたり、小フグをさばいていました。サヨリやシタが開きにされてぶら下げられていました。一夜干しでおいしそうです。

弁天島2.jpg

目の前の弁天島という島には2重の塔が見えました。神域となっていて一般人は入島出来ないそうです。お昼前ですがまだ漁をしているのでしょうか、島の前には漁船とおぼしき船が見えました。

雛飾り.jpg

停留所の前に観光案内所があり、立派な雛壇が飾られていました。これは昭和50年代頃の雛壇だそうで、鞆町では2/15〜3/23まで町並み雛祭りを開催していて、もう5年くらい続いている行事だそうです。

案内書の女性に鞆町の観光案内地図をいただき見所を教えていただきました。まず、地図を頼りにこの町並み見て回ることにしました。

保命酒.jpg

ブラブラ歩いていると保命酒という看板が目に付きます。語感から行って養命酒のような薬用酒のようなものかと思いながら歩いていると、こんなお店がありました。元は保命酒の醸造所だったようです。

時計.jpg

店内にこんな古時計がかかっていました。下に「1888年9月1日パテント 米国コネチカット州ブリストル市イングラハム社製 現在も正確に動きつづけている」と張り紙がしてありました。

設備.jpg

店内奥は昔の醸造所で使っていた道具類が展示されていました。奥にあるのは昔の洗瓶機です。手前右手にあるのがおそらく打栓機だと思います。残念ながら製作年次はわかりませんでした。

甕.jpg

醸造で使用された仕込み甕です。備前焼のようでした。保命酒は鞆の特産のようですが始めてでしたので試飲させてもらいました。ガラスのお猪口に氷を入れ注いでくれましたが、養命酒のような薬臭さはありませんが、すごく甘いお酒です。飲んだあと身体が熱くなる感じで、やはり薬用酒でした。

posted by デジカメ爺さん at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名勝観光

2008年03月11日

京阪で枚方へ

所要で枚方へ行きました。市内ではなく村野というところです。。

環状線で京橋に出て、京阪に乗り換えです。時間があったので昼食後京橋駅周辺をうろつこうと思ったのですが、あいにく小雨が残っていたので近場だけ。

京阪京橋.jpg

京浜京橋です。丁度お昼でしたが田舎に住んでいると人の多さに驚いてしまいます。

京橋駅路地.jpg

こんな狭い横丁がありました。軒並み一杯飲み屋さんや焼き鳥屋さんが並んでいました。

京橋駅周辺 1.jpg

京橋の市街地は当然ビルが立ち並んでいます。

梅の木.jpg

村野について目的地まで歩きです。少し雨が残っていましたが途中で止みました。ぶらぶら歩いていると畑があり梅が咲いていました。

古屋敷.jpg

畑の向こう側に古びてますが立派な屋敷が見えました。塀も一部痛んでいるようですが、土蔵などが見えますので昔の大百姓か庄屋の屋敷かなんて思ってしまいました。

梅屋敷.jpg

屋敷内の塀のそばにも梅とおぼしき花が咲いていました。
タグ: 枚方 京阪
posted by デジカメ爺さん at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年03月03日

春近し 水仙

家内が水仙をもらってきて、テーブルに生けていました。強くはありませんがほのかに良い香りが漂っています。一進一退しながらも春はもう少しだと感じます。

撮影することにしましたが、一枚だけ撮っても面白くない。そこで、勉強がてら露出を変えて撮影してみました。照明のない室内を曇りとして、EV値を+1.0、+0.7、+0.3、0、-0.3、-0.7、-1.0と変えることで、明るさがどう変わるか試してみました。

まず標準である露出補正0の場合。

0.0.jpg

露出補正+0.3

+0.3.jpg

露出補正+0.7

+0.7.jpg

露出補正+1.0

+1.0.jpg

露出補正-0.3

-0.3.jpg

露出補正-0.7

-0.7.jpg

曇りを設定しましたが、窓際で窓からの光が入ってますので露出は必要なかったようです。このような場合補正しても+0.3までで十分のようです。

逆に露出を下げる必要はなかったようですが、-0.3程度であれば明るく補正した場合より静かな雰囲気となってこれはこれでいいかも、と思います。-0.7は少し暗すぎのように思います。-1.0はカットしました。

いい写真を撮ろうと思えばもっと自分のカメラ性能を知る必要があるようです。
posted by デジカメ爺さん at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。