2008年01月31日

国会の混乱は誰の責任?

急転直下、両院議長の仲裁でつなぎ法案が取り下げられました。取り下げの理由として「筋の悪い法案を通してはいけない」とのことです。しかし、筋の悪い法案という認識がありながら無理に通そうとしたことは数の横暴としかいえません。

福田首相は31日午前の参院予算委員会で、与党がガソリン税の暫定税率の期限を延長するための「つなぎ法案」をいったん国会に提出した理由について「なにも法案を通さなければいけないと考えていたのではない。(法案撤回で与野党が)合意に達したのだから、過去のことをとやかく言うより、前向きに議論してほしい」と述べ、詳しい説明を避けた。

asahi.com 2008年01月31日


ここでも、福田首相は自分の責任を放棄しています。出したのは与党、でも撤回したからいいじゃないかと言う姿勢です。議長が「筋が悪い」と評した議員立法提出を許可あるいは黙認したことへの説明は一切なしです。

福田首相は首相のメールマガジンでこう書いています。

 昨日、与野党の間で、来年度の予算と関連法案について、「徹底した審議を行ったうえで、年度内に一定の結論を得る」ことで合意しました。
 予算や関連法案の結論が4月以降に先送りされ、国民生活や日本経済に混乱が生じることを懸念しておりましたが、今回の合意で、そうした事態は避けられることとなりました。

 河野衆議院議長、江田参議院議長をはじめ、合意に向けて大変な努力をされた与野党の皆さんに対して、心より敬意を表します。

 衆議院では与党、参議院では野党が、それぞれ多数を占めている現在の国会において、与党も野党も、自らの考えだけを押し通そうとしても、何も動きません。

 だからこそ、何よりも話し合いが必要です。むしろ逆に、こういう政治情勢だからこそ、話し合うことによって、よりよい結論を出すことも可能です。

 今後の予算審議においても、与野党で意見が異なる点もあるかもしれませんが、丁寧に、ねばり強く、話し合いを続けていくことによって、今回のように、最善の結論を得ることができると信じています。

福田内閣メールマガジン(第16号 2008/01/31)


ここには首相のリーダーシップのかけらもみられません。

メールマガジンは購読者に首相の考えを訴えかけるものと考えていました。たとえ公式発表以上には書けないとしても、首相として国会が混乱している現状に対する懸念や謝罪が読者にあってしかるべきだと思いますが、これでは読むに値しません。新聞で読んだほうが事態がよくわかりますね。
posted by デジカメ爺さん at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会のことなど

2008年01月29日

雪の朝

朝起きると雪が積もっていました。正確には積もった雪が解け始めていたのですが。昨夜遅くに降ったようです。昨夜は底冷えのするような寒さだと家内と話していたのですが、まさか雪になるとは思いませんでした。早速家の中から写真撮影。

ベランダ越し.jpg

2階のベランダ越しに庭を撮影。ベランダの柵の雪の厚みから見て相当降ったようです。庭木はとけ残った雪が少しかぶっていました。

向かいの雪.jpg

斜め向かいのお宅の屋根にはまだ相当積もっていますが、解け始めてしずくが滴っています。

町内の雪.jpg

2階から見える反対方向の町内です。野天に駐車中の車は屋根からフロントガラスまで雪が積もっています。

爺の住んでいる市は瀬戸内海に面し冬でも近隣築に比べて比較的温暖で、冬でも雪が少なく年に数回しか雪が積もりませんが、今年初めての積雪です。やはり雪を見ると冬と言うことを実感します。
タグ:積雪
posted by デジカメ爺さん at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月28日

ジュゴンの生息環境調査指示 米地裁

写真撮影に目覚めた爺としては、美しい自然環境は孫の代以降にも何とか残して生きたいと願っています。しかし日本ではそんな願いもままならないことが多いですね。

米国地裁が沖縄米軍普天間飛行場の移設計画に関し、海に住むジュゴンの生息環境に対する影響調査を命ずる判決を下しました。米軍基地建設に関係しているとはいえ日本での領土に米国内法を適用するなんて、米国司法制度や民主主義の懐の深さを改めて感じました。

米地裁、米政府にジュゴン調査命じる 普天間移設めぐり

 沖縄の米軍普天間飛行場の移設予定地(名護市辺野古崎)の沖にすむジュゴンの生息環境が基地移設で破壊されるとして、日米の自然保護団体などが米国防総省と国防長官を訴えていた訴訟で、米サンフランシスコの連邦地裁は24日、移設による生態系への影響調査を国防総省に命じる判決を言い渡した。

 判断の根拠は、米国歴史保存法(NHPA)。同法は米政府の行為が国内の文化財に影響を与える場合、事前に保護策を検討するよう求めているが、外国の文化財にも適用されるとの規定がある。原告は、日本の文化財保護法で天然記念物に指定されているジュゴンへの影響調査を行わないまま国防総省が基地建設を許可したのは違法だと主張。国防総省側は、ジュゴンは生物であって、NHPAが対象とする「文化財」にはあたらないと反論してきた。

 判決で同地裁はジュゴンがNHPAで保護される文化財にあたるとの判断を示し、影響調査の方法を記した書面を90日以内に提出するよう求めた。AP通信によると、判決にあたり連邦地裁判事は、「NHPAが米国外で適用された初のケース」と述べたという。
 
asahi.com 2008年01月25日


それに対し、日本政府の対応は情けない。政府は洞爺湖サミットに向けてガソリン暫定税率撤廃についても、環境、環境と馬鹿の一つ覚えのように反対根拠として唱えていますが、大規模に沖縄の自然を破壊する基地建設はなんとしても見直す考えは無いようです。


普天間移設 変更せず/官房長官

 【東京】米サンフランシスコの連邦地裁が米軍普天間飛行場代替施設建設によるジュゴンへの影響を避けるよう国防総省に「考慮」を命じた判決を受け、町村信孝官房長官は二十五日の定例会見で、普天間移設計画を変更することはないとの姿勢を強調した。

 町村氏は、日米合意した代替施設案(V字案)について「サンゴ、藻場、ジュゴンへの影響を少なくしようと配慮して出来上がった」と述べ、環境への影響は少ないと指摘。

 その上で「(代替施設建設の)計画が環境にどういう影響があるか、環境影響評価をしているところだ。自然への影響を十分配慮しながら、負担軽減と抑止力維持を実現するため、一日も早い移設を進めるのが日本の大方針だ」と強調した。

 また、判決で、環境影響評価文書を同地裁に九十日以内に提出するよう求めていることを念頭に、「まだ係争中、(建設の是非の)判断が確定したわけではなく、保留されている状態だ」との見方を示した。

 移設作業を所管する防衛省でも冷静な受け止めが広がり、豊田硬報道官は同日の定例会見で「今後の裁判の推移については引き続き注視していきたい」と述べつつ、「粛々と作業を進めたい」と静観する姿勢を示した。
 
沖縄タイムス 2008年1月26日


この人たちにとって環境問題とはCO2の排出量だけで、道路建設や海洋環境の破壊は環境問題の中には入っていないようです。
posted by デジカメ爺さん at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会のことなど

2008年01月25日

赤穂浪士の寺 赤穂市花岳寺

寒かったのですが所用があったので赤穂市内に行きました。用が住みふと思いついて花岳寺に行ってみました。以前は年に数度はこのあたりを通ったものですが、この近くにあったなじみの飲み屋さんっもとっくに廃業したこともあって、最近は行く機会がありませんでした。

花岳寺前の商店街。朝10時前とあって人通りはほとんどなく、開いている店も数店でした。この商店街も最近の例にもれず閉店したところも多く、シャッターの下りた店のうち何店が営業しているのか?

花岳寺通り.jpg

花岳寺の正面入り口の山門です。台雲山花岳寺は赤穂藩祖浅野長直公により建てられた歴代藩主菩提寺です。浅野家断絶後も、歴代の赤穂藩主、永井家、森家の菩提寺でもありましたが、大石家や赤穂義士の墓所にもなっています。山門は赤穂城の塩屋総門を明治の初年にここに移されたそうです。

花岳寺山門.jpg

山門をくぐると正面に「大石名残の松」と呼ばれる松の木があります。大石内蔵助が元禄14年(1701年)に赤穂を離れるときこの松の下で名残を惜しんだため、と言われています。ただ、もともとの松は枯れてしまったようで、現存の松の木はその後植えられた二代目だそうです。

花岳寺.jpg

二代目大石名残の松.jpg

そして、初代の松が保存されています。かなり大きな木だったんでしょうね。

初代名残の松.jpg

名残の松の右隣に「鳴らずの鐘」があります。元禄15年(1702年)の47士の討ち入りとその後の切腹という悲報に接した人々が冥福を祈りこの鐘を打ち続け、あまりにも撞きすぎたためこの鐘は鳴らなくなってしまったといいます。もちろん現存の鐘は再鋳造されていて当然鳴ります。

鳴らずの鐘.jpg

そして本堂です。境内は掃除が行き届いていて決して大きな寺ではありませんが、風格を感じました。

本堂.jpg

拝観料を払えば義士の墓や浅野家の廟なども見られるそうですが、寒い上小雪もチラついていましたので早々に引き上げることにしました。
posted by デジカメ爺さん at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名勝観光

2008年01月22日

ガソリン税率維持

福田首相の施政方針演説に対する各党代表質問が21日、衆院本会議で始まりました。

ガソリン税率維持で譲らないようです。腹立ちますね!

福田首相、ガソリン税率維持を強調 衆院代表質問

首相は税率維持の理由について「橋の維持や補修、緊急病院への交通の利便性確保、都市部の渋滞緩和など、必要な対策は進めていかなくてはならない」と説明。「地球温暖化対策で欧州主要国がガソリン税を引き上げている状況で、これに逆行することは国際的な理解が得られない」とも述べ、税率維持が環境対策にもつながるとの考えを強調した。

asahi.com 2008年01月21日


福田首相は税率維持の理由を述べていますが、首相は国民の生活でがどれほど困っているかわかっていないのではないかと思います。ガソリンを節約するため車を出来るだけ使わない、寒くても出来るだけ灯油ストーブは使わない。とにかく我慢というのが爺の生活です。

福田首相は「緊急病院への交通の利便性確保」を述べていますが、必要なのは「交通の利便性確保」の前に緊急医療体制を改善し、頻繁に起こり問題となっている緊急病院での受け入れ拒否、患者のたらいまわしをなくす事ではないでしょうか。「地球温暖化対策」を唱えるのであれば、山林を破壊するような道路整備を最小限にとどめる努力をするべきでしょう。

優先すべき事項が政治家の皆さんと爺たち国民とでずいぶんずれていませんか?最近の国会を見ていてそう思います。

写真を撮影するのに車は必需品です。ガソリンが安くなってほしい、これは切実です。
posted by デジカメ爺さん at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日々の徒然

2008年01月18日

正月、孫が来た

ガソリン税の暫定税率撤廃で自民と民主が論争中です。爺の家計からいけば当然撤廃して25円でも下がってもらいたいと願っています。孫の顔を見たくてもガソリン代がこれほど高くなっては、いつでも行こうということにはなりませんね。

今年の正月も娘夫婦が孫を連れて年賀に来てくれました。当然孫の様子を撮影しました。孫馬鹿とお叱りを受ける覚悟で一部掲載させていただきます。

ただ、こんなご時勢です、顔にはモザイクをかけさせていただきます。

正月2.jpg
イヤーマフで寒さ対策

正月1.jpg
早速ミカンに手が

正月3.jpg
お年玉

正月4.jpg
機関車トーマス、電池が切れちゃった

しかし、早く暖かくならないと写真ネタが切れてしまう!
タグ:正月
posted by デジカメ爺さん at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月16日

讃岐うどん

寒さが厳しさを増してきたのか飼い猫あさは朝からずっとコタツにもぐりこんでいます。顔を見せるのはコタツを掃除している時と食事の時だけです。

ブログに掲載しょうと写真を撮る機会を狙っていますが最近は撮れません。時々姿を表しますが、運悪くカメラが手元に無いなどタイミングの悪いこと。もともとカメラを向けるとすぐ動きますので、なかなかいい写真が撮れません。
昼になって家内が久しぶりに釜揚げうどんが食べたいと言い出したので、爺もその気になり隣の市にあるうまい讃岐うどんを食べさせてくれる店に出かけました。

時間もお昼とあって大勢のお客さんが並んでいました。この店はセルフでメニューをみて注文すると目の前で調理したうどんが渡されます。トッピングの天ぷらや掻き揚げが並んでいて客が好みでさらに取り、最後に代金を支払います。

店員さんは四角く区切られたカウンター内にいて、うどんを打ち、汁を作っていて客の注文を受けるというシステムです。爺はぶっかけ、家内は釜揚げで野菜の掻き揚げと稲荷ずしで堪能しました。

さぬきうどん店内.jpg

コシのあるうどんを食べ満足したところで、向かいにある道の駅を覗くことにしました。この道の駅は「海の駅」と表示しています。中には温泉があり湯に入るために来る客も多いようです。

道の駅外.jpg

建物の前はテントが張られ市場になっています。近隣で取れた農産物や海産物が色々並んでいました。雨が降りそうな天気でしたが、大勢の客で賑わっていました。この時期殻付の牡蠣があると思っていましたが、あいにく売り切れていましたので、野菜や湯葉などを買い込んで帰宅しました。

080113相生道の駅.jpg

帰宅すると、あさが顔を出しました。ソファやコタツの周りをひとしきり走り回り最後はソファーの肘掛でお休み。見えないと淋しいし、出てくるとうるさい猫です。

080113asa2.jpg
posted by デジカメ爺さん at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月12日

ミカンの定点撮影その2

隣家のミカンの定点撮影の続きです。ずいぶん黄色づきましたが、まだ収穫していません。家内によると例年3月に収穫しているそうです。正直ここまで来ると区別はつきません。

12月7日
071207.jpg

12月13日
071213-2.jpg

12月19日
071219.jpg

年末に思い出して撮影しました。12月31日です。
071219.jpg

これ、いつまで続けようか悩んでいます。
posted by デジカメ爺さん at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月11日

須磨離宮公園その2

エントリーが遅くなりましたが、離宮公園の続きです。

噴水公園から植物園のほうに行くと海を臨む休憩所がありました。正面に播磨灘が光っていました。少し霞んでいますが神戸方向を向くと建物が立て込んでいます。田舎に住んでいるとこんなに沢山のビルを見るのは久しぶりです。

神戸を臨む.jpg

休憩所から坂を下り国道越えの橋を渡ると小さな人口滝がありました。須磨離宮には大小滝を模した流れが多いようです。この滝はみどり滝と名づけられていました。

みどり滝.jpg

そばに山茶花が赤い花をつけていました。私はてっきり椿だと思っていましたが、家内に山茶花であることを教えられました。そして桜が咲いていたので驚いていたら寒桜だそうです。可憐な可愛い花がついていました。周囲にしだれ桜の木や桜の木もありますので春は桜がきれいなんでしょうね。

山茶花.jpg

寒桜.jpg

植物園の温室まで行くと喫茶がありましたので食事がてら一休み。孫もうどんやおにぎりを食べ満足したようです。喫茶の前には児童公園があり、ブランコや輪投げがあり暫く孫も喜んで遊んでいました。公園の隅にまた滝がありました。本当に滝が多いですね。

滝.jpg

ほぼ3時間ほどでしたが、園内は広くもっとみて回りたかったのですが、孫と一緒では無理は出来ません。次は春に来たいものだと思います。
posted by デジカメ爺さん at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月08日

須磨離宮公園

先日神戸市須磨離宮公園へ孫を連れて行きました。暖かく風もほとんどなく、絶好の行楽日和で、当日は入園料は無料ということもありリュックを背負いピクニック姿のご老人(爺が言ってはいけないか)の団体客も多数入園していました。

ウイキペディアの離宮公園記事

本園(面積58ヘクタール)は旧武庫離宮で、今上天皇(当時皇太子)御成婚記念として、1967年に須磨離宮公園として神戸市に下賜された。植物園(面積24ヘクタール)は、戦前の神戸を支えた岡崎財閥の旧岡崎邸の跡地で、1973年に神戸市が用地買収した。旧岡崎邸洋館は阪神大震災により倒壊した。

公園内には、英国風ボーダーガーデンの「花の庭園」、熱帯・亜熱帯物を植栽している「観賞温室」など、多数の植物園がある。

公園周囲、離宮道付近はジェームス山とともに、神戸市西部を代表する高級住宅街で豪壮な邸宅建築が並んでいる。


正門駐車場に車を置き歩いていると園内案内図がありました。爺は初めてでしたので、想像以上の広さに驚きました。

案内.jpg

暫く歩くとレストハウスがありました。レストハウス横から本園を見下ろすことが出来ます。中央に噴水が並び両横がバラ園となっています。正面遠くに播磨灘が臨めます。丁度昼時でレストハウスから噴水に降りていく階段には沢山の人が座りお弁当を開いていました。弁当を持ってくればよかった。

噴水.jpg

噴水脇のバラ園には残念ながらバラは咲いていませんでした。唯一咲いていたバラです。名前はわかりません。ちゃんと記録しておけばよかった。

バラ園.jpg

バラ園から見たレストハウスです。少し減っていますが階段付近に沢山の人が座っています。こんなところで弁当を食べるのは気持ちが良いでしょうね。

レストハウス.jpg

植物園へ移動途中に在原行平月見の松跡がありました。今から1100年ほど前にこの地で行平が月見をしたといわれている場所です。そのためここは月見の名所となり、行平月見の松があったそうですが今は新しく松が植えなおされていました。

月見の松.jpg

これが新しい松。まだ若そうですね。

松.jpg
posted by デジカメ爺さん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月07日

閑谷学校(その2) 華甲斎

閑谷学校に向かって左手の斜面の上に藁葺きのこじんまりした一軒家がひっそりと建っています。これは何なんだろうと思っていましたら、ある方が教えてくださいました。

閑谷学校門.jpg

この建物は明治36年11月、当時の私立閑谷中学校長 西毅一(号・薇山)の還暦祝いにと教え子の有志がカンパして贈った住居兼書斎で、華甲斎と名付けられたました。土間と3畳 6畳二間 外側に便所が有る小さな家です。華甲とは数え年61歳のことだそうです。

華甲斎2.jpg

近年荒れるに任せていたが、閑谷学校創設300年記念事業として備前市および旧和気郡各町の援助により修復されたそうです。

華甲斎1.jpg

この方は教え子から建物を贈られたくらいですから慕われていたと思うのですが、翌年自殺されたそうです。理由は不明だそうです。

華甲斎
華甲斎は明治36年西微山先生の還暦にあたり新旧門人があいはかり、書斎をつくり先生にさし上げたものである。西微山先生は元岡山藩士で維新後には衆議院議員として活躍されると共に、明治10年山田方谷先生が他界後閉鎖された閑谷学校を再興した方で、現在の閑谷学校のもとをつくった。(華甲斎 本名 西毅一)
posted by デジカメ爺さん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月05日

閑谷学校 紅葉亭

正月を迎えて比較的穏やかな日が続いていますが、冬になると出かけるのが億劫で写真のネタがなくなります。もともと、デジカメ写真に目覚めたのが最近のことでブログに掲載できるような写真もあまり多くありません。

苦し紛れですが、今回は岡山県備前市にある国宝閑谷学校の秋の写真を紹介します。ただし、学校ではなく周囲にあるあまり知られていないと思われます施設を紹介します。

まず、特別史跡「紅葉亭」です。

『黄葉亭』は文化十年(1813)に来客の接待や教職員・生徒の憩いの茶室として建てられたもので、頼山陽や管茶山などの儒者や文人を迎える事もあったそうです。

撮ったのは10月初旬でモミジが紅葉していました。道沿いにある栗や柿の木も実をつけていて、小さな川沿いに歩いていくとキャンプ場の入り口に建っていました。

正面から見た紅葉亭
紅葉亭正面.jpg

斜めから見た紅葉亭
紅葉亭.jpg

紅葉亭の解説の立て札です。
紅葉亭解説.jpg

途中には学校運営に力を尽くした津田永忠宅跡の特別史跡があります。正面奥に碑が建てられています。

津田永忠宅跡.jpg

posted by デジカメ爺さん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

2008年01月04日

デザインが変わった

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今日からブログ始めです。

爺はこの20年近くキャスターマイルドを吸ってます。
タール5mg、ニコチン0.4mg、バニラ味で気に入ってます。

以前は学生時代からセブンスターでした。
低タールが主流になって周囲ではマイルドセブンに変える人が多かったのですが、マイルドは舌に合わず上司が吸っていたキャスターに変え、すぐにキャスターマイルドになりました。

旧デザイン表
旧表.jpg

旧デザイン裏
旧裏.jpg

キャスターマイルドのパッケージデザインが年末に変わりました。5年位前にもデザインが大幅に変わり、途中健康表示が大きくなるデザイン一部修正などがあり暫く慣れなかったのですが、今回のデザインはそれほど違和感がありませんでした。

新デザイン表
新表.jpg

新デザイン裏
新裏.jpg

新デザインは表裏で健康注意表示が違うだけなので、勝手に表裏を決めています。

しかし、「そろそろ禁煙をしないといけないかな」と時々考えます。孫が生まれたときスッパリやめるべきでしたね。
posted by デジカメ爺さん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。